産後ケア(入院・日帰り)

産後避けたいトラブルあれこれ

尿漏れ

妊娠10カ月で、子宮や骨盤内の臓器を支えている、膣、肛門の周囲のハンモック状の筋肉(:子宮底筋群)は伸びた状態になっています。出産で伸びきった状態で、膀胱や尿道の筋肉も緩んでいるため、少しの刺激で尿漏れをしやすくなります。クシャミで尿漏れ・・・避けたいですよね。

子宮脱(しきゅうだつ)

子宮のまわりにある靭帯や結合組織が弱くなり、子宮が下垂した状態。出産後、年齢を重ねてから、膣の違和感、痛みなどで症状が出てくることもあります。

恥骨の痛み・腰痛

妊娠期間、大きな子宮を支えようと頑張って支えていた骨盤を中心とした骨格は、出産時に大きく変化し、ゆるんだままの状態です。産後2ケ月間は妊娠に伴う"ゆるみホルモン"の影響がのこり、歪みを増悪も矯正もできるとても敏感な時期。大きくゆがんだまま放置すると、腰痛持ちになることも・・・。

下半身太り

「体重は戻ったのに、妊娠前は入ったパンツ(/スカート)が履けなくなった・・・」というお話聞いたことありませんか?妊娠出産時の骨盤のゆがみが、下半身太りの原因のひとつです。

頭痛

赤ちゃんとの新しい生活、数か月は初めてのことに、緊張も続きます。ただでさえ睡眠不足ぎみになる産後数か月間。心身疲れを溜めた状態は自律神経を乱し、慢性的な頭痛を引き起こします。いつもしかめ面のママにはなりたくないですね・・・。

腱鞘炎

赤ちゃんの抱っこや、頻回授乳で、腕への負担が原因でおこる炎症。正しい楽な授乳姿勢、無理をしない生活で、予防・軽減しましょう。

貧血

出産時の出血やお傷の影響と、授乳が重なり、貧血になりやすい。出産直後は効率的な鉄分摂取ができる食事で、貧血を予防をしましょう。

トラブルを予防するために大切なのが産後のケアです

出産直後(特に1か月間)、
こころとからだに負担をかけず無理をしないことが大切です!